スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインとおつまみ

もうすっかり昔の話ですが…遡って更新します。

一応今年もボジョレーを購入して飲んでみました。
私達はワインには全然詳しくない上に、普段は白とかロゼを飲むことが多いのですが
季節物と言うことで♪

なのでワインに合わせておつまみを作って夕食。

Dnr18Nov07-02.jpg


ハムやサラミ、チーズを並べ、野菜も切って並べ、大根サラダ、韓国風タコ(市販のもの)、
カニのディップ、サーモンとクリームチーズのディップ、クラッカーというラインナップで
実はほとんど作らず、並べただけです

唯一大変だったのがカニのディップ。
オランダで生のカニを買って来て茹でたのはいいのですが、ストーンクラブだったらしく
殻が半端なく厚くて硬い!! 手を切りながら、結局ダンナにハンマーで叩いて
もらったのでした…。 身は少ないかにでしたが、ミソは結構入っていてかにミソと身を
混ぜてマヨネーズをほんの少し入れただけで美味しいディップの出来上がり
(後ろの茶色っぽいのがそうです)

Dnr18Nov07-03.jpg


は~、美味しかった
関連記事
スポンサーサイト

きのこのピエロギ&ビーツのポタージュ

昨日の夜ごはんです。

マッシュルーム&乾燥ポルチーニ&玉ねぎを炒めたフィリングを入れた焼きピエロギ。
久しぶりにポルチーニを使ったのですがやっぱり香りが違う!
皮には全粒粉を少し入れるのが最近の定番になっています。

Dnr10Nov07-02.jpg


そして以前立ち読みした(笑)ドイツの料理雑誌で気になっていた鮮やかな色のビーツの
ジュース(というか汁?)を使ったポタージュスープを記憶をたどりながら作ってみました。

最初にポロねぎ、セロリ、玉ねぎを炒めてから白ワインを少々、野菜に火が通ってきたら
コンソメと水を足して煮込み、バーミックスもどきでポタージュにしたらそこに市販の
ビーツジュースと生クリームを入れて味を調える。 更に上に少しサワークリームをたらして
出来上がり。 この写真だと色がわかりにくいですがビーツの量によっては結構衝撃的な
色になります。 (笑)

Dnr10Nov07-04.jpg


味もよく、彩りも綺麗でお手軽なのでまた作ろうと思います♪
関連記事

テーマ : ばんごはん - ジャンル : グルメ

お魚三昧

ちょっと前の話になりますが、11月1日はドイツは祝日(Allerheiligen)で
お休みでした。 この日はオランダでは平日、更に木曜日だけ開いている安い
お魚屋さんの日だったので朝からオランダにお魚の買出しに行ってきました。

これが戦利品。
サーモン丸々1匹(約2.5キロ)、小鯵10匹、鯖4匹、カニ1匹。
全部で20ユーロちょっと(約3千円ちょっと)でした。 安い!

Fische01Nov07.jpg


サーモンの半身はお刺身用にして、握り寿司(x2回)を作りました。
残りは皮を残したまま塩鮭にして小分けにして冷凍。 あらの周りに残っていた身も
スプーンでこそげてこれは鮭フレークに。

小鯵は小麦粉をつけて揚げ南蛮漬け、鯖は塩鯖にして冷凍。

そしてカニ! 何年ぶりだろう~。 1kgで3ユーロしてなかったのでつい衝動買い。
でもカニをさばく道具を何も持っていないので竹串やキッチンバサミ、トンカチまで
総動員して頑張りました…。 でもその甲斐あってかに味噌と実を混ぜたディップを
作ったらダンナに大好評。 残りが冷凍庫にあるので楽しみ♪

Krabben01Nov07-02.jpg


この日は他にも目的があって、日本の実家に送る荷物を送りにオランダの郵便局
にも行ってきました。 というのも、オランダ在住のお友達にドイツから送るよりもずっと
安いと聞いたから♪

案の定値段を比べたら、小包(2kgまで)はほとんど同じ料金だけど、それ以上になると
ドイツの船便の値段でオランダからは航空便で送れるんですよ…。 値段違いすぎ。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。