スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のパン焼き

ダンナの会社がカーニバルで月・火と休みなので合わせて有給を取って
家でのんびりしています。 そんな訳で久々にパンを焼いてみました。
…というか、オーブンの電気代が恐ろしそうなので高温で焼かなければ
いけないこのパンはしばらく作ってなかったんですよね。

前記事のシュリンプビスクを作ったらダンナに「久しぶりに葉っぱのパンが
食べたい」とリクエストされたのでした。
それでは、と最初は1バッチ(粉500g)だけのつもりだったけどついでだし、と
追加でもう1バッチ作ってしまいました。

こちら焼き上がりの一部。
Bread23Feb09-07.jpg

リクエストにお答えして葉っぱ(フーガス)。
Bread23Feb09-02.jpg

チーズとタイムを入れたブレッドスティック。
Bread23Feb09-03.jpg

冷蔵庫の余りのチーズとベーコン入り。
Bread23Feb09-06.jpg

エピと丸パン。
Bread23Feb09-08.jpg

シュリンプビスクとの相性は抜群でした。
これにサラダと冷えた白ワインかゼクトがあれば最高かも~。
関連記事
スポンサーサイト

シュリンプビスク

この間オランダの魚屋さんで買ってきた茹でえびの頭と尻尾と殻を使って
だしをとってシュリンプビスクに挑戦。

Shrimpbisque22Feb09-01.jpg


初めてにしては上出来で、美味しく出来ました~!
作り方メモ:

えびの殻、頭、尻尾、にんにくのみじん切りをバターで炒め、白ワイン、ローリエ、
タイムを入れて20~30分煮てから漉す。

セロリ2本、にんじん2本、玉ねぎ2個、にんにく2かけをバターでじっくり炒め、
トマトペースト大さじ3ほど、白ワインを入れアルコールを飛ばしたらえびのだし(上記)
とタイム、プロバンスハーブ少々を入れて野菜が柔らかくなるまで煮る。
そこにえび、かにかまを入れて火が通ったらミキサーにかける。
パセリ、ディル、生クリーム・牛乳、塩・胡椒で味を調え、小麦粉大さじ1~2ほどに
少しずつスープを足していってとろみをつける。
最後に好みでえびを入れ、パセリをふる。

今回えびが足りなかったので(笑)、部分的にかにかまを使いましたがそれっぽい
仕上がりになり満足。 これと焼きたてパンだけで幸せです。
鍋いっぱいに出来てしまったのですが連日食べても飽きません。
(かなり濃厚なスープです)
関連記事

カーニバルといえば

ベルリーナー。 という訳でパン屋さんで買って食べたのですがドイツの
ベルリーナーはダンナにはあまり美味しく感じられないらしく、「作って」との
リクエスト。

義母のポーランドレシピでポンチキを作りました。 (ポンチキもベルリーナーも中に
ジャムの入った揚げパンです) ジャムもきちんとバラジャムを使いました。
買うと少量だけでやめておくことが出来るけど、作ると結構大量に出来てしまうので
年に1~2回しか作らないことにしています。 カロリーも高そうだし。
そんな事もあって何度やっても美しいポンチキとは程遠いです…。 (涙)

Berliner22Feb09-02.jpg

ご覧の通りジャムが上に偏っています。
普通ベルリーナーは揚げてからジャムを注入するんだと思うのですが、義母レシピでは
生地にジャムを包んでから揚げる上に生地が柔らかいのでかなり難しいです~。

こんなのでも喜んで食べてくれるダンナに感謝。
関連記事

大きなサーモン

カーニバルシーズンですね。
今日は「女のカーニバル」の日です。

去年の有給がまだたくさん残っているので休みを取って木曜日に安売りをしている
オランダ・Roermondのお魚屋さんに買い出しに行ってきました。

収穫はサーモン(4.8kg!)、鯖5匹、いか4ハイ、茹でえび200g位です。
全部で36ユーロほど。 サーモンは内臓は抜かれています。
早速家に帰って魚との格闘開始。

巨大なサーモンのうろこを取り(日本の100円ショップで買ってきたうろこ取りが大活躍)、
うちにある一番大きな包丁で捌きました。

Salmon19Feb09-02.jpg

大抵3kg位のを買うのに今回はずっと大きなのを買ったので捌くのも大変。
でもここで頑張ればしばらく美味しい鮭料理が食べられるので我慢我慢。
今日はサーモンの握り寿司です。  残りは塩鮭とフィレにして冷凍。 アラは大根と
煮たり、圧力鍋で水煮にしたり、鮭フレークを作ったり。

鯖も塩鯖にして冷凍。 白子はさっと煮。
いかも捌いて冷凍しました。 小さい冷凍庫しかないのでパンパンです。 いつかもっと
大きな冷凍庫が欲しいな~。

翌日は茹でえびを白ワインと食べ、そのあとえびの殻や頭でだしをとりました。
(こちらはまた別記事にて♪)
しばらくは魚三昧です。 幸せ~!!
関連記事

イギリス土産

以前ダンナがイギリスの同僚に「マーマイトが好きなんだ」と
冗談を言った所しっかり3種類もプレゼントされてしまいました。。。

これ、どうしよう…。 (笑)


Marmite24Feb09-02.jpg
関連記事

バレンタイン

なんだか今年のバレンタインは2人とも疲れきっていて全く気合が入って
いませんでした…。  色々と忙しかったもので。

唯一お祝いらしきこととして、Heinemannというケーキ屋さんにて
シャンパントリュフケーキを買ってきました。 ここはシャンパントリュフが
有名なのですが、このケーキも美味しいです。 こういう凝ったケーキは
家ではなかなか作れないですもんね。

Champagnetruffelcake14Feb09-01.jpg

見ての通り何層にも分かれています。
一番下はちょこがけのクッキー生地、他にチョコ味のスポンジやらムースやら。
結構アルコールが効いているし、そんなに食べられないよ~、と言いながら
2人で数日でホール完食してしまいました。 ダイエットはどこへ…。
関連記事

ドイツ風チーズケーキ

賞味期限が近くなったクヴァークがあったので前々から作ってみたかった
ケーゼクーヘンを作ってみることにしました。
レシピはMichie's Backstubeのみちえさんのものをお借りしました。
(みちえさん、いつもありがとう~!)

http://www.geocities.co.jp/foodpia/6377/KondiDE/Kaesekuchen.html

実はうちのダンナはあまりチーズケーキが好きではないらしく滅多に食べてくれないので
私は食べたくてもなかなか焼く機会に恵まれないんですよね…好きなのに~!
今回は自分のために焼いてみました。  (笑)

Kaesekuchen05Feb09-01.jpg

レシピでは24cm型になっているのだけど、うちにあるのは20cmか26cm…迷った末
26cmでやってみたので生地をのばすのがちょっと大変でしたが出来上がりました。
不器用さ(&適当さ)加減がよくわかりますね~。 しっかり性格出てます。 ははは。

切ったところ。
Kaesekuchen05Feb09-02.jpg

甘さは控えめで美味しいチーズケーキになりました。 色々と応用が利きそうなので
また作ってみたいです。 なんといってもクヴァークは高たんぱく低脂肪と魅力的な
食材なのでもっと使いこなしたいです。 (安いし)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。