スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋といえば...

炊き込みご飯。 私だけじゃないはず。 (笑)

この間珍しく生しいたけを見つけたので買ってきてにんじん、油揚げ、乾燥ごぼうを
入れてしいたけの炊き込みご飯を作りました。  これに豚汁があれば最高
なんだけどなぜか大根・にんじん・蒟蒻・鮭の煮物、大根と油揚げのお味噌汁に
なりました。 残りご飯はおにぎりにして冷凍。 しばらく楽しめました。
(ダンナはスープでした...こういう喜びを共有できないのはちょっと寂しい)

懲りずに今度はAusternpilzを買ってきたのでまた炊き込みご飯。
これだけだと香りが弱そうなので乾燥しいたけも一緒に。
ついでに蕪の葉っぱも。

Takikomi28Oct09-01.jpg

この間デュッセルドルフでやっとお米を買ってきたのでしばらくは在庫を気にせず
ご飯を食べられます~。  やっぱり残り少なくなってくると不安なのよね。
なかなか買出しの時間が取れなくてお米の回数を減らしていたので反動で
ご飯食べたい病にかかっています。 (笑)

Takikomi28Oct09-04.jpg

最近たまにですが近所のスーパー、PLUSに葉っぱ付きの蕪が置かれています。
見つけるとついつい買ってしまう。 この間はパン屋の店員さんに「なんで
葉っぱつきで買ったの?捨ててくればよかったのに~。」と言われたので
「葉っぱも美味しいんだよ~」と教えておきました。 ふふふ。
蕪は煮物やお漬物も美味しいけど生姜焼きも美味しいですね。
ごはんがすすみます。

かぼちゃも買ってあるのだけど、保存が利くものなのでまだ手付かずのまま
キッチンに転がってます。 栗もこの間見かけて買おうか悩んだ挙句
やめましたがやっぱり買ってこようかな...。 季節ものだしね。
関連記事
スポンサーサイト

ピエロギトライアル

前にYoutubeでポーランド人女性がたどたどしい英語でポーランド料理を
動画で説明してくれるものを見つけました。
そこで紹介されていたのがスープをとった後のお肉を使って作るピエロギ。

確かにスープをとった後のお肉や野菜も食べてしまえばいいのだけど、
うちのはほとんど食べてくれない...。 なので最近はお肉のほとんどついていない
豚骨を使って圧力鍋でスープをとることが多くなりました。

この間骨付きのお肉が安かったので早速試してみることに。
詳しい作り方は忘れてしまったのでうろ覚えですが...

スープをとった後のお肉から骨や筋を取り除きフードプロセッサーにかけて
細かくする。 (ツナみたいになりました) 玉ねぎをみじん切りにして多目の
油で透明になるまで炒める。 それをお肉に混ぜて塩コショウ、あれば
イタリアンパセリで味付けして卵をつなぎに入れる。

Pierogi27Oct09-01.jpg

Pierogi27Oct09-03.jpg

これを皮に包んで茹で、豚の背油(ベーコンでも)か炒め玉ねぎ、
溶かしバターなどをかけていただく、でした。 
お肉がパサパサしているので玉ねぎを油ごと入れるのは
大切みたいです。 お肉自体にはブイヨンの味がついているのであまり
色々入れなくてOK。

Pierogi27Oct09-04.jpg

お味は悪くなかったです。 が、ほぼお肉なのでお腹にたまるのとやっぱり
野菜が欲しい...。 時々ならいいけどきのこのフィリングやマッシュポテトの
フィリングの方が好みかも。 もうちょっと研究の余地ありです。

もうちょっと極められたら、お友達を呼んでピエロギディナーなどやりたいなぁ。
その時はご近所の方、よろしかったらお付き合い下さいませ♪
関連記事

ポンチキ(ベルリーナー)作り

先日日本食材&お刺身用の魚を求めてデュッセルドルフまで出かけて
いったのですが、ネット上の掲示板によると今まで愛用していた
モロッコ系のお魚屋さんはなくなってしまったと書いてあり他の魚屋さんの
住所を調べて2件行ってみました。

1件目はかなり普通の小さな魚屋さんでがっかり...。
もう一軒はギリシャ系の食品店の奥に鮮魚コーナーがありました。
こちらはお刺身用にはならなそうだけど、冷凍魚のコーナーにあさりの
剥き身などが安くあったし、ギリシャ系食材があって面白いのでまた
行こうかな、という感じ。
ここで見つけたのがバラの花びらのジャム。

Rosejam25Oct09-01.jpg

「あ、バラのジャムがある♪」と私が見つけたとたんダンナに
「じゃあポンチキ作って」と条件反射のごとくリクエストされました...ので
作ることに。 (結局お刺身用の魚は高いですが日本食材店で買いました)

久しぶりのポンチキ作り。
フードプロセッサーのこね用のボウルとアタッチメントを使いました。
粉はオランダで買ってきた強力粉。

うん、生地はいい感じに出来た。
難しいのはここから。 生地に小さじ1ずつジャムを包んでから揚げるのです。
これが揚げる最中に漏れてきちゃうんですよ。 (涙)
いつも同じ状態になるのでしばらくはジャムを後から注入する方法を取って
いたのだけどその器具が壊れてしまったのでまた原始的な方法に戻ったら
やっぱり後悔...という訳でやっぱりまた買おう...。

Berliner25Oct09-01.jpg

ポーランドのレシピで作ったのでドイツのベルリーナーとはまた違ったお味です。
うちのダンナはドイツのは好きじゃないのだけど、ポーランドのは大好き。
ただ、レシピ通りに作るとかなり大量に出来ます。 しかも恐ろしい事に
食事そっちのけで2~3日で食べてしまうので作るのは年に1~2回。
少量だけ作ってもいいんですが、工程が結構面倒なのと揚げ油が勿体ない
のでこんな事になってます...。 (苦笑)

Berliner25Oct09-02.jpg
関連記事

衝動買い

今月に入ってそろそろクリスマスに向けての製菓用品が
特売になってきていますね。 見ていると色々と欲しくなるのだけど、
ただでさえ収納が少ない上にキッチン用品の購入には厳しい目を
光らせている人がうちには約一名いるので買わないようにしています。

ああ、でもついに誘惑に負けて買ってしまいました。
この間フィンガーフードの本を買ってから気になっていた浅いマフィン型。
浅いので型から取り出しやすく、ミニキッシュやタルトレットが一度に
12個作れます。 以前普通のマフィン型で作った事もあったのですが
取り出すのが大変な上、結構深さがあって不便でした。

最初にミニタルトを作ってみたところ焼き時間も短くてすむしいい感じ♪
ちゃんと使いこなせるよう色々作ってみないといけませんね。

関連記事

暖房がやってくる

いよいよまた冬時間に突入ですね。 

10月に入ってからめっきり寒くなったドイツ。 今月初めにそろそろ
暖房を入れようか...と、スイッチを入れたのに変な音がして入らない!
どうやらまた故障した模様。 去年も直してもらったばかりなのに。

修理代もばかにならないし、今あるのはあまりいい会社のではなかったので
思い切って暖房を買い換えることにしました。 セントラルヒーティングといっても
うちのは幸いお湯は別に沸かすタイプなのでシャワーなどには支障なしなので
2社に見積もりに来てもらいました。

しかし! まだ10月と甘く見ていたら一度零下まで気温が下がってやっぱり
寒かったです。 しょうがないので以前同じく暖房が壊れた際に買った
デロンギのオイルヒーターに活躍してもらいました。

寒さも薄れて暖かいな~と感じるまでに気温が回復した今日やっと新しい
暖房が入ります。 やっと洗濯物が乾くようになるので嬉しいです。

それにしても今年の秋はなんだか大忙しです。
庭小屋も基礎工事までは順調に行ったのですが、建てるのは今週末。
その後またペンキ塗りが待っています。 家の中は庭小屋のパーツの木が
積み上げられていてとてもじゃないけどお客様をお招きできる状態ではありません。
(ペンキが塗られていないのでガレージも地下室もない我が家は家の中に置く羽目に)
庭もまさに工事現場だし...。

早く全て終わらせてすっきり綺麗に片付けたいよ~!!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。