スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドベントと言えば...

あっという間にアドベントシーズン突入ですね。
この時期の恒例行事ということで、今年もクリスマスクッキーの大量生産を
しています。 とりあえず定番の

搾り出しクッキー(Spritzgebaeck)
Spritzgebaeck29Nov09-01.jpg

月型クッキー(Vanillekipferl)
去年はきれいに並べて缶に入れていたのに今年はワイルドに入れてしまいました…。
Vanillekipferl29Nov09-01.jpg

芥子の実クッキー(Mohnkipferl)
Mohnkipferl29Nov09-01.jpg

と余った卵白でラングドシャもどきを焼きました。

Xmascookies29Nov09-03.jpg

これ、かなり大きな缶なんですが。
日曜に焼いて、木曜日現在残りわずかになっています...。
バターもキロ単位で使ってるのに。 

最近仕事のプロジェクトが佳境に入ってきて残業続きのダンナに
クッキーの詰め合わせを会社に持って行かせたらあっという間に
同僚達が食べてしまったそうです。 連日この調子なのですごい勢いです。
用もないのに上司や同僚が部屋にやってきては食べていく、と。 (笑)

この気持ちいい位の食べっぷりがなんだか嬉しい~。
という訳で次のクッキー生地をまたしてもキロ単位でいそいそと仕込んでいます。
ドイツは材料費が安いので気兼ねなく作れるのもいいところ♪
焼いている時のいい香りが漂う家の中は最高のリラックス効果がありますよね。
関連記事
スポンサーサイト

りんごのケーキ

最近はまっているのが簡単なしっとりりんごケーキ。
マドレーヌ生地にりんごをたっぷり入れて焼くのだけど、思い立って
から焼き上がりまでがあっという間という気軽さもあって2日で3回も
焼いてしまいました。

Applecake15Nov09-01.jpg

パサパサしたケーキが苦手なダンナに好評です。
(ドイツでは定番のイースト生地とかサンドケーキみたいなのは苦手)
特に焼きあがってすぐビニールに入れて密封してそのまま冷ますと
とてもしっとりします♪

11月11日はカーニバルの始まり&聖マルティンの日でした。
会社では毎年恒例の人型のパンWeckmannが配られました。
普段買う機会がないので年に一度のお楽しみ。 アイシングと
アーモンドスライスが付いているのでそのまま食べてもちろん美味しいし
バターやジャムをちょっとつけても美味しいです。

Weckmann11Nov09-01.jpg

あと、7月頃に庭のサワーチェリーで果実酒を漬けたのですがそろそろ果実を
引き上げる時期かな?と取り出してみました。 ひとつはウオッカ、もうひとつは
ブランデーに漬けたものです。 このまま食べてもいいのですがすぐ酔っ払いそう
なので加工することに。

ブランデーの方はブラウニーにいれ、ウオッカの方はポーランドレシピのりんご
ケーキのりんごをさくらんぼにして作りました。 どちらも美味しかったです。
一番の問題は果実酒の方…というのは漬けたのはいいけどうちあまりお酒
飲まないんですよね…。 なのでこのチェリー酒もお菓子作り用かなぁ。 (笑)

Cherries15Nov09.jpg

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。