スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザワークラウトときのこのクレープ

ポーランドの義母宅で何度かご馳走になったポーランド料理です。
丁度日曜日のブランチにクレープを焼いたのがたくさん余ったのと、
土曜日に作ったザワークラウトときのこの煮物もあったので
作ってみました。 

両方一度にやろうとすると結構手間のかかる料理かも…。
(少なくともものぐさな私には。 笑)

まずはザワークラウトときのこの煮物。
こちらは水で戻した乾燥Steinpilz(ポルチーニ)とマッシュルームのスライス、
玉ねぎをよく炒めたものとザワークラウトをコンソメで煮ます。
クレープに包めるように水分はよく飛ばすこと。
出来たら冷ましておく。

クレープの上にフィリングを乗せて春巻きの要領でクルリと巻く。
27Sep10-Crepe03.jpg


巻き終わったらとき卵に浸し、パン粉をつけておく。
27Sep10-Crepe05.jpg

これを多めの油で炒め焼きにする。 出来上がり♪
27Sep10-Crepe07.jpg

熱々のサクサクを食べましょう。
27Sep10-Crepe08.jpg


今日は前日にダンナが作ってくれた(!)ハンバーグがあったのでそれと、
スープを添えての夕食でした。 ダンナの料理らしい料理、結婚10年
経って初めて食べましたが柔らかくてすごく美味しかったです。

27Sep10-Crepe06.jpg
関連記事
スポンサーサイト

エジプトから帰ってきました

9月2~9日の日程でまたエジプトに潜りに行ってきました。
今回でなんと6度目! また同じホテルです。 ホテルのスタッフとも
ダイビングベースのスタッフともすっかり顔見知り。

いつも思うのですが、エジプトの人は親日家が多い印象です。
もともとフレンドリーな人が多いですが、空港でもどこでも日本人と分かると
「ようこそ日本人!」とか「日本大好き」とか「日本を尊敬する」とかこちらが
恥ずかしくなってしまうような歓迎ぶりです。

肝心のダイビングは私が船酔いするので基本的にハウスリーフで潜るのですが、
今回はジュゴンが見られるというTorfa Tanyへのボートトリップにも参加しました。
片道約70分の船旅です。 前にも一度ここに行った事があるのですが
その時は残念ながらジュゴンには遭遇出来なかったのでリベンジ♪

そして行った甲斐がありました! 1回目のダイブではジュゴン、
2回目のダイブではイルカを見ることができました。
欲を言えばジュゴンはもうちょっと近くで見たかったなぁ。
イルカは手を伸ばしたら届きそうなところまで来ました。

Sep10-Egypt03.jpg

ハウスリーフではタコを2回発見。 そのうち1回は2匹同時に。
結構大きかったです。 不思議な生き物ですよね~。

Sep10-Egypt04.jpg

こちらはフグの仲間のRiesenkofferfisch。 大人しくてカメラを持って
近くまで寄ってもじっとしています。

Sep10-Egypt01.jpg

そしてこちらは色の綺麗なPapageifisch。 この色を写真に撮るのって
実はすごく難しいです…。

Sep10-Egypt02.jpg


残念ながら5日経過した後ダンナの耳の調子がよくなくて、更に同時に
私のお腹もあまり調子が良くなくなってしまったのでダイビングは中止。
結局8本だけのダイブになりました。 (いつもは10~12本) 
残りの日はドイツ人同僚達が貸してくれた本を読んだりしてゆっくりしました。
普段なかなかドイツ語や英語の本を読む機会がないので丁度よかったです。

このホテル、ハウスリーフでのダイビングは最高なのですが他に娯楽が全くないんですよね。
後はホテルオーナー氏のワンちゃん(シェパード・1歳3カ月♂)と遊んだり
していました。 まだ子供だけあって賢いのにやんちゃで可愛かったです~。

今年はラマダン中というのもあって、エジプト人スタッフは昼間は食事はおろか
この暑いのに水も飲まず頑張っていました。 夏場に水分なしは大変だね、
と声をかけて話を聞いてみると返答は様々でした。
「世界には水がなくて苦しんでる人がたくさんいるからそれに比べれば平気」とか
「午前中はちょっと辛いけどそれを越せば気にならなくなる」とか。
(もちろん人によっては厳密にしてない人もいましたが)
ちょうどラマダン最終日にドイツに戻ってしまったのでお祭り騒ぎが見られ
なかったのがちょっと心残りです。

それにしてもエジプトの暑さ、ドイツとは比べ物になりません。
気温40℃、水温31℃ですよ。 9日の夜中近くにドイツに戻って来たの
ですがその時のデュッセルドルフの気温は16℃でした…。
関連記事

季節の飲み物

ただいまシーズン真っ只中のこの飲み物、今年も飲んでいます~♪

23Sep10-Federweisser02.jpg


発酵中の新ワインです。
毎日味が変わります。 土曜日に買った時点ではまだとても甘く
ワインというより酵母入りのぶどうジュースでしたが今日(木曜)は
だいぶワインらしくなってきました。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。