FC2ブログ

休暇中のある一日

エジプトダイビング旅行中のスケジュールは
こんな感じ…ダイビング以外には本当になにもしていません。

朝8時前後起きて、TV(CNNやスイスのVOXやDeutsche Welle、
英語の映画専門チャンネルのMBC2など)を見ながら準備して朝食の
ビュッフェに行く。 今年はホテルのゲストはドイツ語圏の人ばかり。

ホテルのウェイター達とおしゃべりしたりしながら甘いパンや
目の前で作ってくれるオムレツ、甘~いオレンジジュースなどで朝ごはん。
ここで一日分のお水のボトル(1.5リットル入りを4本くらい)注文。
アラビア語で「私はXXが欲しい」という言い回しを覚えたので使うと
みんな喜んでアラビア語を教えようとしてくれる。

砂漠なのですごく喉が渇きます。
一人一日水を3~4リットルは飲むよう注意されます。
じゃないと体調を崩したり、頭が痛くなったりします。

ビュッフェのレストランから出たロビーにはオーナーのエジプト人の
おじさん&いつもくっついて歩いている大きなシェパードが風船で
遊んでいたので見物。 ホテルで働いてる人はお掃除の人も含めて
全員男性です。 イスラムの国だからかしら…? ホテルまでの道中
町で少し見かけた感じでは女性は頭にスカーフをかぶって髪を隠し、
長袖のゆったりした服で全身を隠していました。

05Dog01.jpg


一度部屋に戻ると既にお掃除は終わっていて
今度はダイビングに行く準備をして水着に着替える。

水中カメラ・ダイブコンピューター・タオルと水を持ってダイブ
センターへ。 ハウスリーフで潜るので張り出されている紙に名前と
部屋番号と時間を記入してからセンターの隣にあるドライルームに
吊るしておいたウェットスーツとブーツを着る。 上半身はとりあえず
水着のままウェットスーツを半分だけ着た感じ。

そのまま2分くらい歩いて桟橋まで行く。
ここにダイビング用品一式を入れたバスケットと酸素のタンクが置いて
ある。 タンクはそこに常駐している若いエジプト人男性スタッフ達が
ロバの馬車で常時運んでいるのでゲストは本当に好きな時間に身ひとつ
で桟橋まで行くだけ。

05RedSea03.jpg


セットアップもやってくれる事もあるので楽々☆
スタッフはみんなとっても親切です。

桟橋で準備を済ませ、そのままはしごを降りるともうそこから潜れます。
ここは珊瑚がすごく綺麗で、魚もたくさんいます。 浅瀬でもかなり
大きな魚が見られるのでシュノーケルをしてる人達も…。
左端に見えるのが桟橋からのはしごです。

05RedSea06.jpg


そんなに深く潜らず長時間のダイブ。
多分平均40~60分潜ってました。 桟橋近くでイルカに2度遭遇!

終わったら桟橋で装備をはずし、自分のバスケットに入れてからダイブ
センターへ戻り終了時間を記入。 ウェットスーツを脱いで真水に漬け
てハンガーへ。

部屋に戻ってシャワーを浴び、ドイツから持ってきた食料で軽く昼食。
今年は小型の電気ケトルも持ってきたので紅茶も飲めます。
(念のため、ミネラルウォーターで作ってますが…)

しばらくお昼寝。

夕方また4時ごろからダイビング。 午前中と手順は同じ。
帰ってきてからまたシャワーを浴びて夕方のドイツのニュースを見て
から今度は夕食のビュッフェへ。 夕方7時くらいには暗くなります。

雨の全く降らないエジプトなので夕食はいつも外のテラスに並べられて
います。 でも海からの風もあり、乾燥しているので夜はとても過ごし
やすいです。

メニューは大抵:

スープ2種
前菜1種
ごはん (バターライス)
パン
牛肉・鶏肉料理
温野菜
魚料理
サラダバー

デザート数種類

という感じ。 残念ながら食事はあまり美味しいとはいえません。
特に魚料理はひどいので大抵スープ、ごはん+お肉+温野菜を食べ
ました。 デザートは外に出しっぱなしなのでムース系や生クリーム系
は避けて、生野菜と皮をむいてあるフルーツも食べませんでした。

食中毒や肝炎にかかったら笑い事じゃないですもんね…歯磨きの水も
ミネラルウォーターか煮沸した水を使っています。

食後ちょっとホテル内を散歩したり、美しい空の星を眺めたりしてから
部屋(というかコテージ?)に戻り映画専門チャンネルで映画を見て
寝る。 この繰り返しです。

今回は2度目ということもあって到着の翌日にホテルオーナーより
クッキーと果物の差し入れが部屋に届きました。  本当に敷地の
周りに何もなく、電気も水も全部ホテルでやっているので不便なことも
あるし、ちょっとした停電や断水になることもありますがそれはもう
しょうがないですもんね。

砂漠の中なのにいつでもシャワーを浴びれるだけでも感謝しないと
いけません。

ホテルの外にはお土産やさんも食事をするところも一切なし。
見えるのは砂地と紅海と道路だけ…。
関連記事

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)