FC2ブログ

秋の味覚・Federweisser

さてさて、ドイツの秋の味覚のFederweisser(フェーダーヴァイサー)
です。

この濁った飲み物ですが、発酵途中の白ワインでございます。
最初は濁って甘く、ぶどうジュースのようなものが日が経つにつれて
透き通り、甘さがなくなり、アルコール分が高くなっていくという
まさに「生きている飲み物」。

発酵しているのでもちろん微炭酸。
そして密封できないのでゆるく蓋がされるか、蓋の上に小さな穴が
あけられているので輸送は立てたまま行わないといけません。

これが甘くて美味しいんですよ~♪
定番の組み合わせはZwiebelkuchen(ツヴィーベルクーヘン)と呼ばれる
玉ねぎのタルトのようなもので、この時期はカフェでも注文することが
出来ます。

写真のはスーパーで買った約1.5ユーロ(約200円ちょっと)のものです。

Federweisser01.jpg


お食事に飲むにはちょっと甘かったみたいで
ダンナは炭酸水で少し割っていましたが…。

おつまみは
*ファラフェル
*アスパラハム巻き
*サラミとチーズの盛り合わせ
*ズッキーニのソテー
*セロリのピーナツバターのせ
*パン

という感じになりました。
ピーナツバター大好きです♪
関連記事

テーマ : ドイツ - ジャンル : 海外情報

Comment

おもしろ~い。そんな飲み物が売られているんですねぇ・・こっちでは手にはいらないんだろうなぁ。ワイン大好きなので試したみたいです(>_<)

私もピーナッツバター大好きですよぉ!セロリやベビーキャロットにつけても旨いですよね♪青りんごにつけて食べたりもします。

う~ん、やっぱりアメリカにはないですかねぇ??
ワインの産地ならあるかもしれませんが…。 

味は最初はぶどうジュースというよりりんごジュースに近いものが
あるかも。 アップルサイダーみたいに濁ってるし。 
あれがシュワシュワ微炭酸になったのを想像してもらえれば近い
ような気がします。

実はこれ、赤もあるんですけどそちらはまだ試したことがないので
なんともコメントが出来ません。 (笑)

ピーナツバター、青りんごにもつけるんですか!
それは初耳だったわ~。 PB&Jとかバナナとかはやりますが。
はまるとそのまま瓶をかかえて舐めたくなっちゃいません?
(実は子供の頃やりました…笑)

ドイツにはピーナツバター系のお菓子はほとんどないので
寂しいです~。 アメリカにはいっぱいありますよね。 羨ましい。
ドイツはチョコ&ヘーゼルナッツ系のものばっかりです…ペーストも
Nutellaの方が断然ポピュラーだし。

これおいしいですよね~。秋の味覚ですね。いいないいな。
あ、赤はワタシも試したことがありません。おいしそう。
セロリにピーナッツバター?ピーナッツバターは甘くない方ですか、甘い方ですか?セロリ苦手なんですが、いつか試してみます。

おお、きちさんはご存知でしたか!
ということはやっぱりワインの国、フランスにはあったのかな?
(それともハンガリー? ハンガリーワインも美味しいですよね!)

セロリにつけるのは甘くない方です~♪
胡麻和えの代わりにピーナツバター和え、というのも結構美味しいんですよね。 いんげんなどありましたらぜひぜひやってみてください。
(ピーナツバターに砂糖・醤油などで好みの味に調節してくださいね)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)