FC2ブログ

ブルーベリーのピエロギ

ここ最近夏が戻ってきたような暑さです。
あまりにも寒くて毎日雨だったのが嘘のようで、いつまで
続くかわからないこのお天気を楽しもうと思います♪

そんな訳で夏仕様の食事続きです。
これも夏メニューのひとつで小粒のブルーベリー入りの
ピエロギ(水餃子)です。 前にワルシャワのピエロギ専門店で
食べた時は茹でたてにサワークリームがかかってきたのですが
うちでは一度冷水にとって冷ましてから食べています。

茹でて冷ましたところ。
Pierogi17Jul07-03.jpg


…っていうか、初めてこのピエロギの存在を知った時は
かなりカルチャーショックを受けました。
だって、甘い食事、しかもクリームをかけた水餃子ですよ!

ま、好奇心に負けて作ってからは定番になりましたが…。
見た目ほど甘くないです。 中身も瓶詰の小粒のブルーベリー
の水を切ってそのまま入れてるだけですし、皮には塩も
ほとんど入れないのでほぼサワークリーム(or生クリーム)の
甘さだけです。

前に作った時は生クリームにしたけれど、本場に少し
近づけてみようかとSchmandを少し牛乳でのばしてみましたが
なかなかいい感じ。 記憶にある限り、ポーランドでの
サワークリームは脂肪分18%位でどろっとしていたのだけど
ドイツのサワークリームはもっと低いのか高いのしかないので
どうしても違ってしまうんですよね…。

こんなんで夕食になってしまうなんて未だに不思議ですが
ま、たまにはいいでしょう。 (笑)

Pierogi17Jul07-01.jpg

関連記事

テーマ : 夏の簡単さっぱりメニュー - ジャンル : グルメ

Comment

甘い食事

なんか不思議ですね~。私、ピエロギってどうしても餃子とだぶってしまうので、甘いのは未だに慣れません。でも、美味しそうです。粉だからお腹にも溜まる♪
そういえば昔、美味しんぼの餃子対決で、山岡さんは、黒砂糖だか黒蜜のはいった餃子を出してたっ。

ではでは、ぜひ一度お試しを~。 (笑)

食べてみると以外と美味しいですよ。
私も最初は「げー、嘘でしょ?? しかもこれ食事
なの??」と思いましたよ…本気で…。

なので餃子と思わず葛で包まれた和菓子のような感覚で
(それだと食事にならないけど)食べてみると結構
大丈夫かも? ま、食事として食べる分には私も
塩辛い方が好きですけどね。 ははは。

そうえいば

オーストリアでも、Knoedelとかパンケーキとか、食事として食べる習慣があると聞いたので、そんな感覚なんでしょうか??
でも、甘い餃子かあ~~。
お菓子と思ったら、食べられますね。ああ、急に食べてみたくなってきました。不思議なことに、段々と好奇心が沸いてきました。。。。
来週か再来週には、作っているかもしれません。。。

ドイツでもパンケーキは食事になってませんでしたっけ? 
地域によるのかな?

最初はおやつ位のつもりで食べてみると気軽にいける
かもしれませんね。 普通に餃子を作った時のついでで
デザートとか。 でもきっと旦那様に変な顔をされて
しまうかも。 (笑)

akkoさんも結構チャレンジャーですね♪ ふふふ。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)