FC2ブログ

トマトソースの瓶詰&ジャム

先週はジャムを作ったばかりですが(瓶8つ分出来て早速ひとつは食べ始めてます)
今度はトマト。 今トマトが旬みたいでとても安いのです。
ディスカウント系スーパーで1kgで1.2ユーロ位だったので4kg近く買い込んで
きてしまいました。 (実は先週も3kg位買った…)

半分位を湯剥きして芯を取りざく切りにして塩・胡椒とオリーブオイルでシンプルに
煮こんでまだちょっと果肉が残っているくらいの状態で瓶詰めにしました。
玉ねぎとかバジルとか入れてもいいんだけど、入れないほうが応用が利くので。
残りは生で食べて、食べきれなかったらまたソースにしようっと。

02Aug10-Tomatosauce01(1).jpg

パスタにしたり、煮こんだり、スープに入れたりトマトは本当に色々使えますよね♪

なんだか最近瓶詰めばかり作ってるな~。 (苦笑)
Apfelmusにジャムに、トマトソース…。

後は乾燥ハーブと庭のハーブをレンジ乾燥たものを適当にブレンドして
遊んでみました。 イタリア風のハーブとドライトマトを刻んだのを
ミルサーにかけてみたり。
お魚やエビのソテーなどの時に重宝します。

そろそろプラム(生のプルーン)も出回ってきて夏も終わりに近付いてきてる
なぁ、という感じです。 暑い暑いと文句を言っていた日々が懐かしい。

また話をジャムに戻すと、ドイツにはジャム作り専用のお砂糖が色々と売られています。
お砂糖1に対してフルーツ1、2、3のものやいちご専用、ベリー専用など。
ペクチンやクエン酸がすでに配合されていて、2:1や3:1はお砂糖の量が少ないだけに
保存が効きにくいのでソルビン酸などの保存料が入っているようです。

30Jul10-Gelierzucker01(1).jpg

今まで使ったことがなかったのですが今年は甘くないジャムを作りたかったので
丸のままジャムにする方だけ3:1を使ってみることに。 本当は完全無添加が
よかったのですがさすがに砂糖も少ないし固まらなさそうなので。
残り半分はフルーツをピューレにしてお砂糖とレモンで煮ました。
同じフルーツでも作り方(砂糖の量や煮る時間)によって味が変わって
奥が深いですね~!

早速パンに塗ってみました。 (3:1の方) 
30Jul10-Jam05(1).jpg


甘さ控えめでフルーツの味がしておいしいです。
ジャムというよりコンポートかゼリーみたい。
関連記事

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)