FC2ブログ

サモワールで美味しい紅茶

一昨年トルコに旅行に行った時に大きなサモワールを
買って持って帰ってきました。

これを買った時も色々とトルコ人とのふれあい面白ストーリーが
あったのですがそれは置いておいて…やっぱりこれで紅茶を
入れると安い茶葉でも美味しく頂けます。

サモワールというものの存在自体私は知らなかったのですが、
さすがロシアの影響色濃いポーランドで育ったダンナ、
よく知っています。

久しぶりにこれで紅茶を入れてみたのでその様子をレポート。

まずは分解します。
Samowar01.jpg


次にポットにたくさん茶葉を入れます。
Samowar02.jpg


そしてサモワール本体に水を入れて…
Samowar03.jpg


組み立てる。
これを炭を中央に入れるか、電気コードにつなぐ。
今日は電気コードにつなぎました。
Samowar04.jpg


下にあるこの蛇口から沸いたお湯を出すことが出来ます。
実は蛇口がゆるいのか時々水漏れがするので下にコップなどを置いて。
Samowar05.jpg


この水を入れた時点からお湯が沸くまで大体30~40分位はかかります。
その間上のポットの乾燥したままの茶葉は下の蒸気によって
蒸らされています。

で、お湯が沸いたら下の蛇口のお湯を少し上のポットに入れて
またしばらく放置して濃い紅茶液を抽出させます。

出来上がった紅茶液をグラスに注ぎます。
Samowar06.jpg


そのままだともちろん濃すぎるので下の蛇口のお湯で好みの
濃さまで薄めます。
Samowar07.jpg


はい、美味しい紅茶の出来上がり。
とっても香りがいいですよ~♪
Samowar08.jpg

関連記事

Comment

これが!

あのサワモールですね。実物写真を見れて感動してます。
シルバーでとても立派で綺麗なんですね。
(デコレーションで家に飾ってるだけでもいいかも。笑)

できあがった紅茶、お写真でもとても美味しそうに見えます。
30分もかかってやっとできるお茶、飲んでみたいな。

そうです、これです。

家ではすっかりデコレーションと化していますが…。
見てくださってありがとうございます。

高さもあるので結構収納に困っていつもテーブルの上に
出しっぱなしです。 (汗) 棚には入らなかったよ。

早ければ30分ちょっと、下手すると1時間位かかってるかも。
機会があったらぜひ飲みに来てください。 (笑)
でもこの写真のはちょっと濃すぎて後でお湯を足しました。
このあたりの加減も私がやると下手なんですよ~。
(ダンナは上手い)

すっごーい!

サモワールって初めて聞きましたが大きいですね!!
確かにこれでいれたら美味しそうですね。

私紅茶好きで、スリランカ大使館の紅茶講習会などにも参加したくらいです。
けっこうこだわりますが・・・でも30分?1時間?もかけていれたことはないですねー(汗)
飲んでみたいです!!(旦那さんにいれてもらいたいな・・(爆))

サモワール

私もダンナに聞くまではこんなものの存在、全く知りません
でしたよ~。  ロシア・トルコなどで使われているようです。
…うちって変なものばっかりあるかも…。

ところでみなみさん、スリランカ大使館の講習会なんてすごく
本格的で面白そうですね!!  茶葉の種類なんかも色々
習ってきたのでしょうか?

サモワールだと1時間近くもかかってしまうのは電気プラグを
使っているせいかも。 電力が弱いのかお湯を沸かすのに
とてつもなく時間がかかるんですよ…。 炭だともっと早いのかも。

でもこれを使っている国々の人ってのんびりおしゃべりしながら
お茶の準備、って感じなのであの人達にはぴったりなのかも、とも
思っています。 みなみさんがいらっしゃる際にはちゃんと
ダンナに入れてもらいますのでご安心を~。 (笑)

連続コメントすいません(汗)

確かにドイツにあるよりは、ロシア・トルコなイメージですね。

紅茶の講習会は、茶葉の種類はわりと軽くふれただけだったかな。
葉っぱの大きめなものと小さめなものがあるってそれぞれこんな感じ・・と写真つきのものがありました。
メインはやっぱり美味しい入れ方でした。
やっぱりいかにいい温度のお湯で蒸らすかが重要って。
だから、サモワールでいれたお茶美味しいのですね。

ティーパックで入れるときもふたをして1分程度むらした方がいいようです。(先生曰く、蒸らさない紅茶はいろのついたお湯でしかないって。。苦笑)

旦那さまにいれてもらうの楽しみにしてます!!

いえいえ、嬉しいです

紅茶のいれ方も国によって様々で面白いですね。

スリランカはストレートで飲むのですか? それともインドのチャイ
みたいにミルクとスパイス? ケニヤ人の友人はミルクとスパイス、
トルコ(トルコでもチャイと呼ぶ)ではストレートに砂糖たっぷりでした。 (笑)

やっぱり「蒸らし方」がポイントなのかぁ。
確かに普段会社とかでティーバックで飲む時に急いでて
蒸らさなかったりすると味が違いますよね…紅茶もですが、
特にハーブティ系統は違いを如実に感じます。

No title

古い記事にコメントしてごめんなさい。
私もサモワールを持っているのに、いまいち使い方が良くわからなくて、
ネットを徘徊しておりました。
私も、ドイツ人と結婚しているのですが、私のサモワールは、オットが兵役で軍のオーケストラにいた頃に、モスクワに行って買ってきたもの。(遠征があったらしい)何しろ古いし、コンセントはすんごい怪しいし・・・。
おまけに何故かポットがついて無いんですよね。
茶葉を蒸らすのがサモワールの極意だとすれば、
ポット買わねば・・・。
とにかく、とっても参考になりました。ありがとうございました~!!

サモワール

ひんきぃさん、コメントありがとうございました♪
お名前はちらほらドイツ関係のブログなどで拝見していてなんだか
はじめましてという気がしません…。 (←勝手にすみません)

サモワール、お持ちなんですね! しかもモスクワでご購入とは本格的。
コンセント、うちのもすごく怪しいです。 (笑)
でも上のポットがないのは困りますね…。  というか、遠征であの大きな
サモワールに目をつけ、買って来たという旦那様、素敵です。 
あちらでサモワールでいれた紅茶を飲んだのでしょうか♪
今は暑くて使う気になれませんが、冬だとお部屋が暖まるし、蒸気の
おかげで少しはのどにも優しいですし(多分…)いいですよ。

こんなのでも少しでも参考にしていただければ幸いです。
ポット見つかるといいですね!

すばらしい解説でした。

すばらしい解説でした。ありがとうございます。
実を言うとこのページを見るまで焦ってました。今日、サモワールがトラック便で友人から送られてきました。大小各1台計2台、大きいのは金属の花瓶かとと思いました。小さいのは電気コードがついてました。しかし、変な形のプラグでなかなか家のコンセントには入りません。家内にはゴミだと言われカンカンです。私は、この物体はなんなのか良く分からず受け取ってしまったので説明が出来ません。でも、これで少しは説明できそうです。友人が送って来たものはUSSRと書いてましたので中古品だと思います。価値のあるものなのでしょうかね。友人には聞きづらいし・・・・

お役に立てて何よりです

テリーさん、こんにちは。 コメントありがとうございます。
サモワールなんてなかなかディープな贈り物を頂いたのですね。
確かに説明も何もないと何だかわからなくて困りますよね。 (笑)

価値のあるものかどうかは私にも良くわかりませんが、トルコで
買ったこれは日本円で1万もしてないと思います。 (恐らく数千円)
値段は覚えていないのですが締まり屋の夫がそれ以上出す
とは思えないので…。

一度中央の筒部分に炭を入れてみた事がありますが、煙(特に炭が
白くなるまで)がすごかったのでそれ以来室内で炭は禁止にしています。
ロシアではどうしているのでしょうね。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)